Tuesday, 9 January 2018

ZOO: 東京 Tokyo

TPAMフリンジ参加作品 ZOO

特設サイト
http://tokyozoo.tokyo/

公演日時:2018215日(木)-218日(日)
215日(木)20:00-*
2
16日(金)20:00- 
217日(土)12:00-/20:00- 
218日(日)13:00

*ポスト・トークあり トークゲスト 犬飼博士(ゲーム監督/アソビウム)&デヴィッド・オライリー(アーティスト/セクシーひきこもり) 
各回とも開場は開演の15分前
日本語・英語字幕上演

会場:BUoY北千住アートセンター
120-0036 東京都足立区千住仲町49-11 東京メトロ千代田線・日比谷線/JR常磐線/東武スカイツリーライン 「北千住」駅出口1より徒歩6分

チケット料金:前売3,000円+1ドリンク/当日3,500円+1ドリンク 
peatix https://zoo-tokyo2018.peatix.com/

観客は世にも珍しいヒト、という生き物を見るために集まってくる。場内には柵に覆われた場所にヘッド マウントディスプレイをかけているヒト一人と、会場全体をガイドするヒト二人がいる。ヒトの身体的な説 明から始まり、動くヒト、他人を真似するヒト、コミュニケーションを取り合うヒト、などをガイドの案内 で次々に紹介していくにつれ、ヒトがヒトを見物する境界線が崩れ始める。

出演:福原冠(範宙遊泳)、増田美佳、Yamuna Bambi Valenta、竹田靖 
原作:マヌエラ・インファンテ/
演出:篠田千明/ドラマトゥルク・翻訳:岸本佳子/アートディレクター: たかくらかずき(範宙遊泳)/
照明:筆谷亮也/音響:西川文章・吉田涼/ VRディレクター:ゴッドス コーピオン(Psychic VR Lab)/
技術監督:遠藤豊(Luftzug)/技術補佐:佐々木文美/ 
公式レビュアー 黑嵜想
制作:芝田江梨/製作:KYOTO EXPERIMENT
主催・企画:篠田千明 助成:公益財団法人セゾン文化財団、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団) 
協力:BUoY北千住アートセンター、範宙遊泳、プリッシマ 
お問い合わせ:zoo.tokyo2018@gmail.com
http://tokyozoo.tokyo/


TPAM FRINGE ZOO
Date 2018 2/15(Thu)-18(Sun)
2.15 Thu20:00
2.16 Fri 20:00
2.17 Sat 12:00 / 20:00
2.18 Sun
13:00
Post-Performance Talk
Guests/ Hiroshi Inukai(Game Designer / Asobium) & David OReilly(Artist / Sexy Hikikomori) 

Doors open 15 minutes before the performance
With Japanese and English subtitles


Ticket: Advance 3,000yen+1drink/ Door 3,500yen+1drink 
peatix https://zoo-tokyo2018.peatix.com/

BUoY Arts Center Tokyo
49-11 Senjunaka-cho, Adachi-ku, Tokyo 120-0036
About 6 minutes walk from Kitasenju station Exit 1(Tokyo metro Chiyoda line, Hibiya line/ JR Joban line/ Tobu sky tree line)


The audience has assembled to witness the strangest animal, the Human Being. One Human Being is in a cage, strapped into a VR headset. Two more Human Beings are guides, leading the audience through the exhibition. The performance begins with an explanation of the human body, and then the guides introduce one aspect of humanity after another: there are humans in motion, humans mimicking other humans, and humans that communicate. As this takes place, the border breaks down between the human observers and the humans being observed.

Cast Kan Fukuhara (Hanchu-Yuei), Mika Masuda, Yamuna Bambi Valenta, Yasushi Takeda
Original text Manuela Infante/ Direction Chiharu Shinoda/ Dramaturge, translation, surtitles Kako Kishimoto

Art direction Kazuki Takakura (Hanchu-Yuei)/ VR direction God Scorpion (Psychic VR Lab) Lighting design Ryoya Fudetani/ Sound Bunsho Nishikawa, Ryo Yoshida
Technical Director Yutaka Endo(Luftzug)/ Technical Assistant Ayami Sasaki
Official reviewer So Kurosaki

Supported by Saison Foundation, Arts Council Tokyo (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture) In cooperation with BUoY Arts Center Tokyo, HANCHU-YUEI, Purissima
Production coordinator Eri Shibata/ Produced by KYOTO EXPERIMENT/Presented by Chiharu Shinoda

contact:zoo.tokyo2018@gmail.com 
http://tokyozoo.tokyo/ 

Thursday, 23 November 2017

サバイバー/媒介者/誘惑者を作るためのトーク&WS: 東京 Tokyo


BONUS超連結クリエイション vol. 5 in Tokyo 
サバイバー/媒介者/誘惑者を作るためのトーク&ワークショップ 
出演:砂連尾理、神村恵、篠田千明、木村覚ほか
日時 :12/23〜24  
場所 :日本女子大学新泉山館  料金 :無料

詳細、予約など↓
http://www.bonus.dance/creation/47/

さっきあった時間はいま: 京都 Kyoto

2017年12月15-16日

神村恵・篠田千明
《さっきあった時間は今》
ソロ二本立て

【昼公演】 開場 14:30 開演 15:00
【夜公演】 開場 19:30 開演 20:00
料金 2,500円
*当日券は+500円

@京都”外”

予約、問い合わせはこちら
http://soto-kyoto.jp/event/171215-16/

以下の回には終了後ゲストを交えてフリートークがあります!
15日昼公演 捩子ぴじん(ダンサー/ 振付家)
15日夜公演 村川拓也(演出家/ 映像作家)
16日昼公演 三浦基(演出家/ 劇団「地点」代表)






Copyright © Shinoda chiharu.